忍者ブログ
先日久々にドイツの空気を吸ったら、完全にアタマがドイツモードにシフトしてしまったkanakita(カナキータ)。お気に入りやら日記やら、気の向くままに。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

書いてた内容、ぶっ飛びました。(涙)
気を取り直してもう一度。


とりあえず、第1ラウンド終了です。


いったいどうやって切り出したらいいものか、1ヶ月も悩んで悩んで始めた試合ですが、20分で試合終了。笑。ま、1ヶ月は言い過ぎですね。ドイツに行ってた2週間の間は、ちっとも考えてませんでしたので。


弱い立場の者が勇気振り絞って(マジですよー)、闘いを挑んだわけですから、試合開始時点ですでにテンパってるわけです。なので、言いたかったことはきちんと伝えることができず、相手が言うことに即座に反応なり反論することもできず、なんとなく納得がいかないまま、そっかなー?そっかなー?そうなのかも?なんて聞いて、試合終了。


腑に落ちないままで、なんとなく言いくるめられたような、というか、悪いのはこっちで、向こうは全然悪くない、みたいな気分にさせられたということは、完全に負けてますね。(苦笑)


その後、何が腑に落ちなかったのか考えていたら、その場で即座に反論すべきだったことすら言えてなかったことに気づき、第2ラウンドとまではいかないまでも、とりあえず言わねばという気分にはなってます。

ただ、到着地点はこの第1ラウンドで見えたので、わざわざ波風立てるようなこと言うのもアホくさいなあという気にもなっちゃってのも事実。でも、玉砕するにしろ、言いたかったことを言わずに後で気持ち悪い思いするのもイヤなので、言うだけ言ってみようかと。言ったところで状況が好転する訳じゃないと分かっているのがバカバカしい所以ですが。


内蔵系はおそらく丈夫な方なので、胃が痛いとかいうことはないのですが、偏頭痛がずっと続いてるのは、なんだかイヤな感じですねえ。アタマが痛いと目もなんか疲れが早くて(というか、目が痛いからアタマも痛いのかも?)、パソコンの画面をずっと見ていられないのが何とも口惜しいところです。やることいっぱいあるのに!!!
PR
昨年に引き続き「芸術の秋」満喫中。
「食欲の、、、」も相変わらずですが。

本日は「割鮮のむら」で御食事。今年初の松茸といちじくをいただきました。いちじくって、近所の人から貰って、2つに割ってかぶりつき、口の周りが痒くなるもんだと思ってましたが(笑)、揚げ出しになっていまして、かなりお上品にいただきました。大変おいしゅうございました。(ペコリ)


といっても、いきなり食べに行ったわけではなく、今日はオーケストラアンサンブル金沢の定期公演だったのです。今年はなんとフィルハーモニーシリーズの会員になって、自分の座席を確保してみたりしています! 16列目、だったかな、で、そんなに前ではないのですが、ちょうどオーケストラの団員全ての顔が見える高さになるので、かなり楽しい。

しかも、今日の公演はベートーベンの交響曲第7番!
ベートーベン、昔から大好きなので大興奮。今日の公演は少し変わっていて、1・2楽章と3・4楽章の演奏の間に別の曲が入る、という構成。で、間に入った1曲がモーツァルトのピアノ協奏曲だったのですが、案の定意識がフラフラお出かけしました。いえ、眠ったわけではなくて、音楽に集中できず、BGMと化し、考え事を始めちゃったのです。モーツァルトだと、どうしてこうなっちゃうかなあ。といっても、アンコール曲もモーツァルトだったのですが、知ってる曲だということもあって(フィガロの結婚)大丈夫でしたが。(苦笑)

そして、間にもう1曲演奏されたのは、エドワーズのオーボエ協奏曲。いわゆる現代音楽、なのですが、照明の演出も効果バツグンで、森の中にいるような感じ。音楽なのだけど、鳥の声や動物の息づかいを聴いているようで、ワクワクドキドキしました。1楽章しかないのだけど、3部に分かれていて、最後の部分では、それまで森やサバンナのイメージだったところに、人間の世界が混ざり合ってきたような印象を受けました。作曲者のエドワーズがどんな意味を込めて作った曲なのかは分からないのですが、、、。

OEKの演奏会は、来月2回行きます。ブーニンが来る定期公演と、9月に行けなかった分の振替でファンタジーシリーズに1回。お芝居は、ベルリンで「Hotel Disparu」を観てきたのに始まり、先日の市民劇場の「最後の恋」。11月末に、「きょうの雨、あしたの風」もあります。21世紀美術館で上演される、「mf(メゾフォルテ)」も観てみたいです。110SHOWは何度か行ったことがあるけど、劇団KAZARI@DRIVEの公演は、1回行ったことがあったかなかったか、なので。そして、前から気になっている劇団羅針盤の舞台も。12月の最初にあるみたいです。
Werbung!宿泊も、食費も、移動にかかるお金も、切りつめたわけではないけど、ユーロ高にもかかわらず、かなり安く上げた旅行なのですが、来月のカード引き落とし額が恐ろしいことになってます、、、。

というのも、本やらDVDやらCDやらCDやら靴やら靴やらを買い込んじゃったからなのです、、、。


で、今はクルマの中でCD聴きまくり、なわけですが、聴いて一発で、「私の今の気持ち、コレ!」って曲がありました。

"Köln ist einfach korrekt" (Wise Guys)

Es gibt vieles, was ich lieber mag
in ander'n Städten und Ländern. ...

Köln ist nicht perfekt:
Köln ist einfach korrekt!
Heute, in den Deutschunterricht habe ich die Sachen aus der Reise in Deutschland (Stadtpläne, Broschüre, Bücher, Zeitschriften, usw.) mitgeschleppt. Da habe ich meiner Lehrerin und den anderen Teilnehmern Fotos gezeigt und auch etwas davon erzählt, was ich in Deutschland erlebt habe.

Aber! Eine Stunde war einfach viel zu kurz! Irgendwie hatte ich soooooooo viel zu erzählen! Unglaublich...


日本語で説明して、果たして面白いのか疑問なのですが、ドイツ語で話させると、今回の旅行で体験したごくごく些細なことまでが、なんだか面白く聞こえてくるのはなぜでしょう?

でもまあ、せっかくなので、面白くないかもですが、日本語でも少し。


So eine Schlange!前の記事とこの記事の写真は全て"Reichstag"。今は、Bundestagと言えばいいのかな。ドイツの連邦衆議院の建物(Reichstagsgebäude)です。本当は、説明付きのツアーに参加したかったのだけど、前日までに予約が必要とのことで、残念ながら入場無料のガラスドーム部分に入るのみしかできませんでした。それすら1時間待ち!!!

スペイン人、アメリカ人、中国人の団体様観光客に囲まれてた中、偶然隣で待ってた人が、ドイツ国内からご夫婦で見学に来られた方で、一緒に世間話をしながら待ってることができたのでラッキー。さすがの私も(?)団体様の中へは、割ってはいることはできません。しかもドイツ語じゃないし。(苦笑) それにしても、日本では見知らぬ他人様に話しかけるなんてこと、よほどのことがない限りしません(できません)が、なぜドイツでは、こういとも簡単にできてしまうのでしょう、、、???

話していた方は、旧東独地域の方で、ベルリンにはたまにしか来ないけど、毎回ご夫婦で色々見たり、買い物をしたりして帰るそうです。お嬢さんはハンブルクだったかなあ、どこか旧西の地域で大学に通って、今はその地で働いてるのだとか。奥様がかわいらしい方で、ニコニコと色々話してくださいました。ダンナさんは、「あそこに小さなカメラがあって、どんな人が入ってくるのかチェックしてるんだよ」と教えてくれたり。(私にはライトにしか見えなかった、、、)

Das ist die Glaskuppel!ガラスドームまでは、でっかいエレベーターで上がりますが、まずは屋上でベルリン市内をぐるりと一望できます。お約束でそういう写真は撮ってないのが私。(写真をチェックしたら、ロクな写真がないことに気づく。授業で使おうと思っていた写真は色々撮っては来ましたが、、、。)

im Glaskuppelガラスドームは、ぐるりと天井まで上ることができ、またグルグルと降りてきます。私が行ったのは土曜日だったので、議会はありませんでしたが、通常このガラスドームが、換気と灯り取りの役割を果たしている模様。そういえば、真ん中に鏡の塔みたいなものがありましたが、これも光を取り込む何かに役立ってるのかな。他にも色々とエコな要素があるらしいですが、まだ全部読み切れてません。→Ökologie am Bau

鏡の塔をぐるりと囲んで、この建物の歴史が写真と文で説明されてました。

次回は平日に行って、もっとゆっくり時間を取って、ゼヒ、議会をやってる最中に、説明付きの見学ツアーに参加してみたいなあと思います。

ベルリンでは本当に、見てみたいものや知りたいことが色々あって、とてもとても数日じゃ足りない!!!
Reichstag4年ぶりのドイツでしたー。

前回から4年、というのは長いけど、その間に友人が子連れで留学しに来たり、私も学校を辞めたり転職もしたりで、いろいろあったので、いつの間にか4年!という感じではありました。


初めてドイツへ行ったときから数えると、丸10年。

10年前のちょうど9月に旅立っているので、全く何も知らなかった10年前のドイツと、その後、それなりに色んな経験があった10年を経てのドイツ。ちょうど、その10年前の9月に知り合った友人と一緒に旅をしたので、10年前のこと一緒に思い出してみたり、片方が覚えていて片方が全く覚えてないことがあったり。


でも、懐かしさに浸る思い出の旅というよりは、ドイツで生活する方がなぜかしっくり馴染むんだよね、ってことを思い出しちゃった旅だったので大変。チャンスがあるのなら、今すぐにでも戻りたくてうずうずしています。

と、一方で考えつつも、とっくに仕事の渦の中に呑み込まれているのが悲しい、、、。



今回は、ゆるいのか綿密なのかよく分からないスケジュールで動いてました。けど、基本は1箇所に3泊、なので、日本人としてはゆるめかも?(笑)

途中、突然の予定変更が入ったり、偶然が重なったり、逆にうまくいかなかったことも、次のステップへ動くためのきっかけになったりして、充実しまくりの旅。

移動は全て鉄道。ジャーマンレイルツインパスは激安なので、2人で旅行する人には絶対オススメ。ICE乗りまくりの快適な旅でした。途中混んでて、一部座れないときもありましたが、、、。


im Glaskuppel観光客らしいこともいくつかしたけど、面白かったのは、いろんな人と話をしたことかなあ。ドイツにいる友人はもちろん、初めて会った人たちといろいろ話をしました。電車の中、店員さん、列で隣に並んでた人、宿の食事で隣の席だった人、博物館のガイドコースを一緒に回った人、あげくの果てにはホームレス(?)の人とも。でも、無理して声をかけた、とか、かけられた、とかではなく、ふとしたきっかけで話が始まって、じゃあよい1日を!って別れるのが、ごく自然でラクチンで、楽しかった。逆に、日本にいると私、なんだか構えてるし、窮屈だったり、人の目が気になったり、居心地の悪さを感じていたりするなあと思い当たったり。


WELT KOMPAKTそうそう、空港のレストランでたまたま手に取った簡易(?)新聞"WELT KOMPAKT"がスラスラ読めて、私にも読める新聞がある!っていうのに驚いたりもしました。笑。


なんだかとりとめないですが、日本でこうやって仕事して家に帰ってきてるのは現実なんだけど、でもドイツでの2週間も私にはものすごくリアルで、そしてこの両者がうまく結びつかないので、今ちょっと混乱気味。だけど、ゆっくり考える間もなく、仕事、仕事、仕事! 働かせてもらえるだけでありがたいはずなんだけど、ドイツ見て来ちゃったからなー、ちょっと耐えられなくなる可能性大。


ああもう、本当にとりとめないですね。
どうやったってまとまらないので、パラパラと、小出しにしていこうと思います。
Links
マガジン9条
マガジン9条

あしたの9ジョーの会
あしたの9ジョーの会

九条の会・石川ネット
九条の会・石川ネット

六ヶ所村ラプソディー
六ヶ所村ラプソディー

Besitzerin
HN:
kanakita
HP:
性別:
女性
自己紹介:
エコ・シンプル・ピース・ドイチュ・メガネ・マウス・文房具好きの三十路女です。
Kommentare
TB
Kalender
< 05 2017/06 07 >
So Mo Di Mi Do Fr Sa
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
QR Code
Suche
Vielen Dank!
忍者ブログ [PR]